“びんからびん”へリサイクルすると、何度でも、新しいびんをつくることができます。