ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

福島県安達地方広域行政組合(二本松市・本宮市・大玉村)

■連絡先 
福島県安達地方広域行政組合 もとみやクリーンセンター 福島県本宮市本宮字作田113 
TEL:0243-33-5499 
FAX:0243-34-3911

安達地方広域行政組合の概要

(平成24年6月〜7月現在)

●人口:98,711 人

●世帯数:31,214 世帯

●面積:512 ku

●ステーション数:約1,417 カ所

●空きびん収集量:年間1,104 t

●1人あたりの平均収集量:11.2kg

※収集量については平成23年度

分別収集の経緯・方針

安達地方では、昭和60年頃、人口の増加や生活様式の変化などにより、ごみの排出量が増え、焼却処理や埋立て処分に掛かる経費が増大。市町村の財政を圧迫し始めたため、安達地方広域行政組合の構成市町村が連携して、平成3年10月より、ごみ・資源の分別収集をスタートさせました。実施する際には、住民に分別ルールを徹底させるため、地域ごとに説明会を開催。またステーションの美化を図るために、ステーションごとに助成金を毎年支給しました。ガラスびんについては、無色・茶色・青緑色・黒色の4色と生きびんの分別収集で、処理施設において選別負荷を極力掛けない方針で進めています。

分別区分

ガラスびん色別

無色・茶色・青緑色・黒色の4色分別で、さらに生きびんとしてリターナブルびんが分けられています。ほとんどのびんが洗浄済み。

収集容器

コンテナ

びんの色に合わせた4色のコンテナと生きびん用の緑のコンテナを使用。収集日前日に配布します。管理は組合で、定期的に洗浄。

収集場所

ステーション

全ての資源物と不燃ごみを一度に分別排出できるスペースを、路上や空き地を中心に確保しています。場所の選定と管理は町内会。

収集車両

平ボディ車

3トンの平ボディ車9台で稼働。同じ車両に、缶類、紙パック、ダンボール等の資源物も搭載しています。リフト付で積み降ろしに配慮。

処理設備

なし

色分別収集のため、色選別設備はない。シルバー人材センターから派遣された作業員3名が、荷降ろし後、異物を確認しています。

保管施設

ストックヤード

作業性に配慮した屋根付きの保管施設です。重機作業により床面のコンクリートが剥がれないよう、アングルを埋め込んでいます。

品質向上のためのポイント

●親しみやすいイメージキャラクター「ゴミラくん」を活用した啓発ツールを作成して、大人からこどもまで、分別ルール等をアピールしています。

●中身が入ったままのびん等、ルールが守られていない場合は、注意書きシールに指示を記入してびんに貼り、回収せず置いてくるようにしています。

●保管施設で荷降ろし後に、収集したびんを1本ずつ確認して、異物を除去しています。

▲ごみの分け方・出し方

▲小学校社会科副読本

取材:平成24年8月1日

◀ 戻る