ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

北海道北斗市

■連絡先 
北斗市 市民部 環境課 北海道北斗市中央1-3-10 
TEL:0138-73-3111 
FAX:0138-73-6970

北斗市の概要

(平成26年9月)

●人口:48,006 人

●世帯数:21,839 世帯

●面積:397.30 ku

●戸別収集

●空きびん収集量:439.277t

※収集量については平成25年度

分別収集の経緯・方針

北斗市では、環境負荷につながるごみの埋め立て処分を見直そうということで、資源化施設「リサイクリーンほくと」が建設され、平成26年10月より粗大ごみと不燃ごみの破砕処理とともに、びんの色選別ラインを導入しました。混入されたキャップなどの異物は、資源化施設において袋からびんを出す段階で徹底して除去されて、コンベヤ上の色選別段階では、残さがほとんど出ない状況となっています。また収集車両もパッカー車から平ボディ車に段階的に切り替えていっている状況です。このような改善により、平成26年度からびんの再商品化量の大幅な増加が見込まれています。

分別区分

ガラスびん一括

色分けは行っておらず、ガラスびん一括で排出。キャップ付きのびんもあるが、ほとんどが洗浄されています。

収集容器

指定袋

黄色の透明指定袋を使用。袋の表面には、イラストと文字で排出できるびんが記載されています。

収集場所

戸別

集合住宅を除き、ステーションは設置されておらず、戸別に排出されたびんを収集。月2回、8時までに排出することになっています。

収集車両

平ボディ車

4トンのダンプタイプ平ボディ車3台で稼動。それぞれ2名体制で収集作業を行っています。(収集は委託)

処理設備

手選別コンベヤ

処理施設では、人の手により袋からびんが出され、異物を除去された後、コンベヤ上で無色・茶色・その他の色に分けられます。

保管施設

ストックヤード

手選別コンベヤの下に、色別に分けられたびんを保管するストックヤードがあります。屋根付きですので、異物の混入はありません。

品質向上のためのポイント

●ごみ分別辞典、広報誌、ウェブサイト、分別ポスターなどにより、排出方法などを啓発しています。特に広報誌では、毎月分別に関する特集を組んでいます。

●町内会の分別をテーマにした研修会などで、市の職員が説明することがあります。

●収集したびんを車両から降ろすヤードにマットを敷いて、割れないようにしています。

●色選別をする前に、混入されたキャップなどの異物を徹底的に除去しています。

▲ごみ分別辞典と分別ポスター

▲色選別をする前に異物を除去

取材:平成26年10月17日

◀ 戻る