ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

新潟県五泉市

■連絡先 
五泉市 環境保全課 新潟県五泉市太田1094番地1 
TEL:0250-43-3911 
FAX:0250-41-0006

五泉市の概要

(平成27年4月)

●人口:53,144 人

●世帯数:18,626 世帯

●面積:351.9 ku

●ステーション数:1,042カ所

●空きびん再商品化量:518t/年

●1人当たりの平均再商品化量:9.72kg/年

※再商品化量については平成26年度

分別収集の経緯・方針

五泉市では、平成26年10月1日よりびんの収集運搬方法と処理工程を変更。残渣量が大幅に減少し再商品化量が大幅にアップしています。従来は袋で収集し缶と混合で処理していたため、ほとんどが残渣となっていました。改善のポイントは回収コンテナと運搬コンテナを導入して、びんを単独で収集するようにしたことで、さらに処理においてもストックヤードの前に建屋を増設し、移動式のベルトコンベヤを導入。これにより、26年度10月から3月までの残渣量が91.96tとなり、前年度同時期の321.47tから71.4%も減少しました。住民へ排出ルールを啓発することにより、さらに成果が上がっていくことが期待できます。

分別区分

ガラスびん一括

ガラスびんを一括で収集。ほとんどのびんについてキャップが外され、洗浄されています。一升びんとビールびんも一緒に収集。

収集容器

コンテナ

ステーションのスペースに応じて、籠タイプと折り畳み式のコンテナを使い分けています。運搬時にはハンドル付のコンテナを使用。

収集場所

ステーション

7割の地区で小屋タイプのステーションで主に籠タイプのコンテナを使用。その他は路上で折り畳み式のコンテナを使用しています。

収集車両

平ボディ車

平ボディ車11台で稼動。ステーションにおいて、積載している運搬用コンテナにあきびんを移動しています。収集作業員は2名。

処理設備

移動式ベルトコンベヤ

リターナブルびんを抜き取った後、ベルトコンベヤ上で無色、茶色、緑・青色、黒色に選別し、ストックヤードに投入。作業員は8名。

保管施設

ストックヤード

色別にびんを保管するストックヤードの前に新規に建屋を増設して、そこで選別作業を行っており、効率化が図られています。

品質向上のためのポイント

●市の広報誌やウェブサイトにより、収集方法の変更をわかりやすく告知しました。

●要望のある自治会へは職員が出向いて、新しい収集方法について説明会を実施しました。

●ステーションに排出方法を掲示しています。

●ウェブサイトにおいて、コンテナの使い方や分別方法を丁寧に説明しています。

●ストックヤードの前に増設した建屋内で、ベルトコンベヤ上のあきびんを厳しくチェックし、異物を除去しています。

▲ウェブサイトでの告知

▲ベルトコンベヤ上での異物除去

取材:平成27年4月16日

◀ 戻る