ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

三重県志摩市

■連絡先 
志摩市 生活環境部 美化衛生課 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22 
TEL:0599-44-0229 
FAX:0599-44-5261

志摩市の概要

(平成27年8月1日現在)

●人口:53,289 人

●世帯数:22,902 世帯

●面積:179,63 ku

●ステーション数:約770カ所

●空きびん再商品化量:410.93t

●1人当たりの平均再商品化量:7.44kg

※再商品化量については平成25年度

分別収集の経緯・方針

志摩市は、平成16年10月1日に浜島町、大王町、志摩町、阿児町、磯部町の5町が合併して誕生しました。平成26年4月から鳥羽志勢広域連合のごみ処理施設「やまだエコセンター」が稼動することにともない、前年度より無色・茶色・その他の色の3色分別を全地区で統一。資源ごみ用袋による色別収集をスタートしました。分別収集を統一する1年前からウェブサイトやケーブルテレビで啓発活動を行い、さらに全地区において説明会を実施しました。その結果、1人当たりのびんの再商品化量が平成24年の2.95kgに対して、平成25年度は7.44kgと大幅に上昇。分別収集の効果が発揮されています。

分別区分

ガラスびん色別

無色・茶色・その他色の3色分別。概ねキャップが外され、洗浄されていて、異物の混入は見られない。ある程度色別も守られています。

収集容器

資源ごみ用袋

色別に指定ごみ袋(資源ごみ用)に入れて排出。袋の販売はコンビニ、スーパー、ホームセンターなどに委託しています。

収集場所

ステーション

空き地などを利用して、網で囲ったステーションを設置。資源物、可燃物、不燃物の排出に利用しています。管理は各町内会。

収集車両

平ボディ車

2トンの平ボディ車3台で稼動。収集後に分別作業がしやすいよう、車両ごとにびんを色別に分けて運搬しています。

処理設備

手選別コンベヤ

色別に収集してきたびんを、手選別コンベヤ上でさらに色をチェックして、キャップや異物を除去しています。作業員は2名。

保管施設

ストックヤード

色分けされたびんは色別に建屋内のストックヤードに投入。搬出時にコンクリートの破片が混入しないよう、鉄板が敷かれています。

品質向上のためのポイント

●市内における分別収集を統一する1年前から、全地区において説明会を実施。分別のルールを丁寧に説明しました。

●ケーブルテレビやウェブサイトでも啓発活を実施しています。

●排出ルールが守られていない場合には警告シールを貼って、収集しない場合があります。

●資源化センターにおいて、搬入されたびんを厳しくチェックし、キャップや異物を除去しています。

▲警告シール

▲資源化センターでの異物除去

取材:平成27年7月15日・8月4日

◀ 戻る