ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

北海道富良野市

■連絡先 
富良野市 総務部 市民環境課 北海道富良野市弥生町1番1号 
TEL:0167-39-2308 
FAX:0167-23-1313

富良野市の概要

(平成27年8月末現在)

●人口:23,044 人

●世帯数:11,041 世帯

●面積:600.71 ku

●ステーション数:233カ所

●空きびん再商品化量:324.21t

●1人当たりの平均再商品化量:14.12kg

※再商品化量については平成26年度

分別収集の経緯・方針

富良野市では、ガラスびんリサイクリング推進連合(ガラスびん3R促進協議会の前身)が空きびんポストによる回収実験を実施したのをきっかけに、昭和63年7月より空きびんポストによる分別収集が開始されました。空きびんポストについては、札幌市の回収実験で使用したものも提供されており、現在約40戸〜50戸に1か所、設置されています。早くから分別収集を開始したこともあり、排出される空きびんの品質は良好。中が見えない空きびんポストのため異物の混入はあるが、資源化施設で丁寧に除去しています。平成26年度の1人当たりの平均再商品化量は14.12kgと、非常に高いレベルとなっています。

分別区分

ガラスびん色別

無色・茶色・その他の色の3色分別。おおむね洗浄されています。化粧品びんは、2015年10月から収集が開始されます。

収集容器

空きびんポスト

無色・茶色・その他の色に分けて投入する3台の空きびんポストを使用。空きびんポストの管理は市が行っています。

収集場所

ステーション

約40戸〜50戸に1か所、空きびんポストを設置。ほとんど路上を使用しています。ステーションの管理は町内会。

収集車両

平ボディ車

空きびんポストを吊り上げて、荷台にびんを投入するため、ユニック付きの平ボディ車を使用しています。4トン車1台で収集。

処理設備

なし

収集してきたびんは、資源化施設のストックヤードの前に降ろされて、そこで作業員が丁寧に異物を除去しています。

保管施設

ストックヤード

無色・茶色・その他の色に分けて、建屋内のストックヤードに保管しています。異物が混入することはありません。

品質向上のためのポイント

●広報誌などで、Q&A形式により排出ルールを説明しています。

●「ごみの分け方・出し方ガイドブック」を全世帯に配布しています。

●地元のラジオ番組で継続的に排出ルールを呼びかけています。

●排出ルールに変更がある場合には、地域懇談会を実施して新しいルールを説明しています。

●小学生向けの副読本を制作。見学会も実施しています。

●資源化施設において、搬入されたびんを厳しくチェックし、キャップや異物を除去しています。

▲ごみの分け方・
出し方ガイドブック

▲資源化施設での異物除去

取材:平成27年9月8日

◀ 戻る