ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

神奈川県川崎市

■連絡先 
川崎市 環境局 施設部 処理計画課 神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地 
TEL:044-200-2587 
FAX:044-200-3923

川崎市の概要

(平成27年9月1日現在)

●人口:1,473,658 人

●世帯数:697,792 世帯

●面積:144.35 ku

●ステーション数:35,357カ所

●空きびん再商品化量:10,243.8t

●1人当たりの平均再商品化量:6.95kg

※再商品化量については平成26年度

分別収集の経緯・方針

川崎市では、平成11年より全市において空きびんの収集を開始。分別収集を開始するにあたり、市民等の要望も踏まえ、より一層の3Rに取り組むことを目的として、パッカー車両ではなく、空きびんを割らないで収集する方法として、容器による収集方法となりました。現在では、住民組織から推薦された廃棄物減量指導員が、市と市民のパイプ役となっており、協力体制が継承されています。平成26年度の1人当たりの平均再商品化量は約6.95kgで、人口約150万人の都市としては非常に高いレベルとなっています。

分別区分

ガラスびん一括

ガラスびんを一括で収集。ほとんどのびんが洗浄されています。おおむね異物の混入はなく、キャップの取り忘れも少ないです。

収集容器

コンテナ

籠タイプのコンテナを使用しています。コンテナの洗浄や破損による交換は、市の管理により行っています。

収集場所

ステーション

ほとんどの地区が路上を利用しています。ステーションに資源物を出している近隣住民が、収集日にコンテナを設置しています。

収集車両

平ボディ車

2トンの平ボディ車23台で稼動。作業員は各車2名。パレットを2台積載し、フォークリフトによる荷降ろし作業の効率化を図っています。

処理設備

手選別コンベヤ

受け入れヤードで粗選別した後、堤根処理センター資源化処理施設2階のコンベヤ上で、無色、茶色、緑・青色、黒色に手選別しています。作業員は8名。

保管施設

ストックヤード

選別フロアの階下にストックヤードがあり、効率的にびんを投入し保管しています。シャッター付きで異物が混入しにくくなっています。

品質向上のためのポイント

●「資源物とごみの分け方・出し方」、「イラストで分かる資源物とごみの分別ルール」など、充実した広報ツールにより丁寧に分別方法を啓発。ウェブサイトにも掲載しています。

●自治会などの集会やイベントで「ふれあい出張講座」を実施。ごみの減量やリサイクルについて分かりやすく説明しています。

●小学4年生を対象に「出前ごみスクール」を実施。

●資源化施設において、作業性に配慮し効率化を図り、精度の高い選別を実施しています。

▲資源物とごみの
分け方・出し方

▲イラストで分かる資源物
とごみの分別ルール

▲受け入れヤードでの
粗選別

取材:平成27年12月22日

◀ 戻る