ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

京都府 船井衛生管理組合(南丹市・船井郡京丹波町)

■連絡先 
船井郡衛生管理組合 事業課 京都府南丹市八木町室河原大見谷47 
TEL:0771-42-3425 
FAX:0771-42-5765

南丹市・京丹波町の概要

(平成28年4月1日現在)

●人口:47,827 人

●世帯数:20,366 世帯

●面積:919.49 ku

●ステーション数: 378カ所

  (南丹市254、京丹波町124)

●空きびん再商品化量:332.83t

●1人当たりの平均再商品化量:6.96kg

※再商品化量については平成27年度

分別収集の経緯・方針

南丹市と船井郡京丹波町で構成される船井衛生管理組合では、昭和54年にガラスびん一括の分別収集を開始。当時は段ボール箱や米袋に入れて回収していました。昭和62年には、色別コンテナによる無色・茶色・緑色・黒色・青色の5色の分別収集に移行。さらに平成8年頃に特殊車両(リサイクルパッカー)を導入して、効率的な分別収集を実施しています。5色分別を始めた当初から、ステーションに分別を分かりやすく説明する看板を設置したり、各自治会の環境美化推進委員(南丹市)や環境推進委員(京丹波町)が分別の手助けを行ったりして、高品質の分別収集を実現。高いレベルの再商品化量を達成しています。

分別区分

ガラスびん色別

無色・茶色・緑色・黒色・青色の5色に分別。異物の混入は少なく、非常にきれいに洗浄されています。化粧品びんも収集。

収集容器

コンテナ

排出するびんの色調に合わせて色分けされた5つのコンテナを利用しています。コンテナの洗浄やメンテナンスは組合が実施。

収集場所

ステーション

公民館のスペースを利用するケースが最も多く、車でびんを搬入する住民もいます。ステーションの管理は各自治会で実施。

収集車両

特殊車両・平ボディ車

特殊車両(リサイクルパッカー)で、無色と茶色のびんを収集し、その後平ボディ車によりその他の色のびんとコンテナを回収します。

処理設備

なし

色分別で排出され、ステーションでの収集時とストックヤードへの投入時に異物の除去を実施しているため、処理設備はありません。

保管施設

ストックヤード

収集車両から直接、色別に仕切られたストックヤードに投入。コンクリートの床面が削れないよう、レールが埋め込まれています。

品質向上のためのポイント

●「ごみの正しい分け方・出し方」などの広報ツールにより、分別方法を啓発。ウェブサイトにも掲載しています。

●各自治会の環境美化推進委員(南丹市)や環境推進委員(京丹波町)が分別の手助けを行っています。

●ステーションでの収集時とストックヤードへの投入時に異物の混入をしっかりチェックしています。

●ルールが守られていない排出については、警告シールで対応し再分別を促しています。

●ストックヤードにレールを埋め込むなど、きめの細かい配慮が施されています。

▲ごみの正しい分け方と出し方

▲ステーションでのチェック

▲ストックヤードのレール

取材:平成28年6月9日

◀ 戻る