ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

岡山県 津山圏域資源循環施設組合

■連絡先 
津山圏域資源循環施設組合 施設課 岡山県津山市領家1446 
TEL:0868-57-2221 
FAX:0868-57-2223

津山圏域資源循環施設組合の概要

(平成29年3月末現在)

※カッコ内はびん搬入の1市2町の概要

●人口:147,723人(130,386人)

●世帯数:63,715世帯(56,647世帯)

●面積:1,281.8ku(1,158.2ku)

●ステーション数:2,017カ所
        (1,870カ所)

●空きびん再商品化量:812.2t

●1人当たりの平均再商品化量:6.23kg

※再商品化量については平成28年度

分別収集の経緯・方針

岡山県内のごみ処理広域化計画が進む中、平成21年4月に津山市、鏡野町、勝央町、奈義町、美咲町の1市4町で組織する津山圏域資源循環施設組合が設立され、平成28年3月に津山圏域クリーンセンターが本稼働となりました。現在、びんの処理については、津山市・鏡野町・美咲町の1市2町が3色分別で回収したびんに対して、搬入段階から投入・手選別コンベヤに至るまで徹底した異物除去を実施しています。なお、津山市では、平成4年度からモデル地区でびんの3色分別収集を開始し、平成15年度から全域に拡大。鏡野町では分別収集の機運の高まりにより平成18年度より3色分別を実施。美咲町では、平成17年に合併し地域ごとに異なる収集方式だったものを平成28年度から3色分別に統一されました。

分別区分

ガラスびん色別

無色・茶色・その他の3色分別。キャップなどの異物の混入は少なく、きれいに洗浄されています。化粧品びんは不燃ごみ扱い。

収集容器

コンテナ

統一されたブルーのコンテナを使用。今後地域ごとに変わる可能性があります。

収集場所

ステーション

路上や公民館などのスペースを利用。管理は各自治体で実施。一部の大型スーパーで拠点(店頭)回収も実施。

収集車両

平ボディ車

1市2町合計10台の平ボディ車が稼働。作業員は合計20名。空のコンテナを積んで回り、びん入りコンテナと交換しています。

処理設備

手選別コンベヤ

回収したびんを、受入ヤード、供給コンベヤの投入口、手選別コンベヤ上で念入りにチェック。異物の除去を実施しています。

保管施設

ストックヤード

手選別コンベヤの下のヤードに色別保管。壁の側面には鉄板が設置され、コンクリートが剥がれないよう配慮しています。

品質向上のためのポイント

●構成市町ごとに「ごみの分別・出し方ガイドブック」の配布や、ホームページへの掲載などにより分別方法を啓発、組合も「クリーンセンターだより」を発行し分別等の周知を図っています。

●構成市町ごとに選出されたリサイクル推進委員(津山市)や環境衛生委員(鏡野町)などが、分別収集が円滑に実施されるようサポートしている地域もあります。

●老人会や町内会などの地縁団体がステーションの管理を行い、分別をチェックしている地域もあります。

●ルールが守られていない排出については、警告シールで対応し再分別を促しています。

●クリーンセンターでは、人の手による徹底した異物除去を実施しています。

▲「クリーンセンター
だより」

▲老人会によるステーション
での分別チェック(津山市)

▲クリーンセンターでの
念入りな異物除去

取材:平成29年4月12日

◀ 戻る