ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

「色と光」編

「フォルム」編

「自然」編

「シズル」編

内田 勘太郎(うちだ かんたろう)

1970年憂歌団結成。1975年、そのリードギタリストとしてレコードデビュー。ブルースを基調にした独自の世界で全国を席捲し、熱狂的な人気を誇った。その天才肌のギタープレイの評価は高く、日本を代表するギタリストとして名を馳せる。カルピスの瓶首を使ったスライド奏法も有名。数々の有名アーティストとのセッションやレコーディング、CM音楽なども多数手がける。

1998年、アルバム『マイ・メロディ』でソロデビュー。教則DVD3作もロングセラー。

1999年より活動休止していた憂歌団は2013年に再始動し、2014年には新メンバーに新井田耕造(d.)を迎え大阪フェスティバルホール、日比谷野外音楽堂での単独公演を開催。同年、木村充揮との憂歌兄弟としての活動もスタート、アルバム『憂歌兄弟』をリリース。さらにソロでは全編インストの圧倒的なブルース・アルバム『DES’E MY BLUES』も発表した。

2016年、初のエッセイ集「内田勘太郎 ブルース漂流記」を刊行。同年、通算8枚目のソロ・アルバム『DEEP BOTTLE NECK GUITAR』をリリース。15歳の時に始まったブルースの旅は半世紀近くを経て、今、デルタブルースに回帰。

1954年生まれ。1995年より沖縄在住。

「内田勘太郎さんインタビュー映像」

内田勘太郎さんオフィシャルサイト

⇒ http://www.uchidakantaro.com/