ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

静岡県富士市

■連絡先 
富士市 環境部 廃棄物対策課 静岡県富士市永田町1丁目100番地 
TEL:0545-55-2769 
FAX:0545-51-0522

     富士市 環境部 環境クリーンセンター 静岡県富士市大淵232番地 
TEL:0545-35-0081 
FAX:0545-35-0501

富士市の概要(平成24年4月現在)

●人口:260,559 人

●世帯数:98,675 世帯

●面積:245.02 ku

●ステーション数:1,183 カ所

●空きびん収集量:年間1,850 t

●1人あたりの平均収集量:7.1kg

※収集量については平成23年度

分別収集の経緯・方針

富士市では、ごみの減量化を目的に昭和56年10月より、びんや缶の分別収集を開始。平成10年からはびんの収集業務を地元のびん商に委託しています。リターナブルびんを含めびんは一括で回収され、資源化施設で選別されます。排出されるびんの品質は非常によく、分別排出に関する市民への啓発が行き届いています。啓発の大きなポイントは、市の指導担当職員がステーションに出向き、排出方法についての早朝指導を実施していること。さらに、排出時間・コンテナへの入れ方・異物の混入状況・洗浄状況・キャップの有無などについて診断して紙面にまとめ、町内会を通して各家庭に回覧しています。

分別区分

ガラスびん一括

色分けせず、リターナブルびんを含めガラスびん一括で排出。ほとんどのびんはキャップが外され、洗浄されています。

収集容器

コンテナ

びん専用のコンテナを使用。積み重ねて回収するため、8分目を目安にびんを入れるように、住民に啓発しています。

収集場所

ステーション

ほとんどのステーションが余裕の広さ。新規に設置する場合には、10uのスペースを確保するよう、自治会にお願いしています。

収集車両

平ボディ車

3.5トンの平ボディ車2台で収集しています。収集作業員は各車2名で合計4名。コンテナを重ねて効率よく積載しています。

処理設備

手選別ライン

コンテナをローラーコンベヤに載せ、リターナブルびんの抜き取りと色選別を手作業で行います。その際に異物も除去しています。

保管施設

ストックヤード

コンクリートの破片が混入しないよう、床面にアングルを埋め込んでいます。各色10トン単位の保管で、それ以上になる場合は破砕。

品質向上のためのポイント

●ホームページ、広報紙、ごみの分け方便利帳、ごみへらしタイムズなどのメディアを活用し、市民に対して分別収集の情報をオープンにしています。

●指導担当職員がステーションにおける排出状況を診断し、紙面にまとめたものを、町内会を通して回覧しています。

●町内会から推薦され市が認定した「ごみマイスター」がごみ減量化意識の普及と啓発活動を行っています。

●中身が入ったままのびんなどは、違反シールを貼り、ステーションに残し啓発しています。

▲空きびんの出し方

▲各ステーションの排出状況を診断

取材:平成24年4月26日

◀ 戻る