ガラスびん3R促進協議会/ガラスびんの3Rを知る・学ぶ・実践する
3Rを詳しく学ぶ
ガラスびんと環境
自治体向け3R情報
3Rのデータ・資料
協議会について
リサイクル

ガラスびんのリサイクルは

細かく砕いて原料に戻すこと
何度リサイクルされても
品質はそのままです。

使い終わったガラスびんは、カレット工場で細かく砕かれて、
新しいガラスびんの原料やその他の用途に再利用されます。
空きびんを砕いて作るカレットを、新しいガラスびんの原料として利用することにより、
大切な天然資源を節約でき、さらに原料を溶かす時間が短縮され、省エネルギーにもなります。

良いガラスびんを作るために、
良質なカレットが不可欠
そのためにも分別収集と選別作業が求められる

使い終わったびんは、ガラスびんの原料になるため、色別に分けたり、異物(金属、陶磁器、耐熱ガラスなど)を混ぜないことが大切です。
*排出方法は、各市区町村の指示に従ってください。

色選別された回収コンテナ
資源化センターでの色選別

高品質のカレットを生産するために、
カレット工場では異物除去を徹底しています

高品質なびんを生産するために、良質なカレットを必要としています。カレット工場では、良質なカレットを生産するために、異物検査機や人の手によって徹底した異物の除去に取り組んでいます。しかし細かく割れた耐熱ガラスなど、除去が難しい異物もあります。また、カレット商※の中には、「カレットの品質は川上から」という考えのもと、地域住民や自治体の協力を求めるため、空きびんの排出方法や収集方法についての啓発活動を積極的に実施しているところもあります。

※カレット商...自治体などから回収した空きびんをカレットに加工する業者。
 
日本びんカレットリサイクル協会がある。

陶磁器、石、金属等を除去する装置
ラベルや汚れを除去する装置
陶磁器、耐熱ガラス等を除去する装置
手選別による異物の除去

使い終わったガラスびんは、
どこにいくのだろう

「びんtoびん」のリサイクルで、
何度でも新しいびんに甦ります。

家庭から排出された空きびんは、自治体により収集され資源化センターで色別に分けられた後、カレット工場でガラスびんの原料に加工されます。そのカレットを利用して、ガラスびん工場では新しいガラスびんを生産します。びんからびんへ、きちんと循環することで、ごみにならずに何度でも甦ることができます。また古くなったリターナブルびんも細かく砕かれ、ガラスびんの原料として再利用されています。

1.家庭

びん入り商品を購入して、空きびんを分別排出します

2.市区町村

空きびんを分別収集して、色別に選別します

3.カレット工場

空きびんを細かく砕いて、ラベルや金属などを取り除きます

4.ガラスびん工場

原料とカレットなどを使ってガラスびんを生産します

5.びん詰め工場

びんに中身を入れます

6.販売店

びん入商品を販売します

トップページ

ガラスびんの3Rとは

協議会について

お問い合わせ

サイトマップ

3Rをくわしく学ぶ

・ガラスびんの3R

・空きびんの多用途事例

・キッズスクール

ガラスびんと環境

・ガラスびんの特徴と環境

・ガラスびんの製造工程

・ガラスびんの流れ

・ガラスびんの魅力

・ガラスびんの歴史

自治体向け3R情報

・空きびんの品質向上策

・市区町村別の資源化実績

・自治体の取組み事例

・びんの3R通信

・リサイクルセンターの紹介

3Rのデータ・資料

・事業者や会員向けのデータ

 トータルフロー関係等

・団体・官庁の資料

 自主行動計画のフォローアップ等

ガラスびん3R促進協議会 Glass Bottle 3R Promotion Association