ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

佐賀県佐賀市(佐賀地区・久保田地区)

■連絡先 
佐賀市環境部循環型社会推進課3R推進係 佐賀県佐賀市高木瀬町大字長瀬2369番地 
TEL:0952-30-2430 
FAX:0952-30-2494

佐賀市(佐賀地区・久保田地区)の概要

●人口:171,340 人

(平成24年10月1日)

●ステーション数:3,206カ所

●空きびん再商品化量:1,324t/年

●1人あたりの平均再商品化量:7.73kg/年

※再商品化量については平成24年度

分別収集の経緯・方針

佐賀市は平成17年と19年の市町村合併後、ごみ処理施設の統廃合を進めており、佐賀資源化センターは、佐賀と久保田の2地区を回収しています。資源物の分別収集は平成3年の4月よりごみの減量化を目的にスタート。それ以前は、あきびんは不燃物扱いでした。分別収集の開始時点から、びんと缶は混合で指定袋に入れて回収。当初、無料だった指定袋は、平成16年より有料となっています。袋によるびん・缶混合の収集でありながら、異物の混入や割れも少なく、資源化センターにおける精度の高い選別作業により、残渣の少ない状況を実現しています。

分別区分

びん・缶混合

びんと缶が混合で排出されているが、缶の量が多くクッション効果があり、びんの割れはほとんどありません。

収集容器

指定袋

中(30リットル)と極小(15リットル)の2サイズの指定袋を使用。袋面には、排出の際のルールがわかりやすく記載されています。

収集場所

ステーション

道路脇や空き地などを使用しており、各自治会で管理。清掃等のステーション維持管理活動に補助金を出す制度もあります。

収集車両

平ボディ車

2トンまたは4トンの平ボディ車で収集しています。収集作業員は各車2名で、収集後にリターナブルびんの抜き取りも実施。

処理設備

手選別コンベヤ

投入口で破袋した後、まず缶を抜き取り、コンベヤ上で無色・茶色・その他の色の順にあきびんを選別していきます。

保管施設

ストックヤード

2階の手選別ラインから直接、下のストックヤードにびんを投入。コンクリートの破片が混入しないよう、床面に鉄板を敷いています。

品質向上のためのポイント

●市のホームページ、市報、ごみ分別表、ごみカレンダーなどを活用して、市民に分別ルールを呼びかけています。

●市の職員が、地域の公民館等に出向いて、分別収集についての出前講座を実施しています。

●ルールが守られていない排出物については、シールを貼って収集しない場合もあります。

●作業しやすい速度で流れるあきびんを、高い精度で選別。キャップやワインびんの金属シールまで取り除いています。

▲市報に掲載されたびんの情報

▲作業員による高精度の選別

取材:平成25年8月5日

◀ 戻る