ガラスびん3R促進協議会
サイトマップ
お問い合わせ

神奈川県小田原市

■連絡先 
小田原市環境部 環境事業センター 神奈川県小田原市久野3768番地 
TEL:0465-34-7325 
FAX:0465-34-7087

小田原市の概要(平成23年6月現在)

●人口:198,069 人

●世帯数:78,168 世帯

●面積:114.09 ku

●ステーション数:5556 カ所

●あきびん収集量:年間1,443 t

(平成22年度)

分別収集の経緯・方針

小田原市では、平成7年を「環境元年」と位置付け、環境保全に関する7本の条例を整え、環境への取組みを強化。平成9年度には、ごみの減量化と資源化率を高めるために、分別方法を「可燃」・「不燃」・「資源」の3分別から9分別(15品目)に移行しました。資源については、紙・びん・缶・PETボトル・プラスチック容器などに分けるようになり、現在では18品目に細分化されています。ガラスびんは地区ごとに月1回袋で回収し、処理施設で選別作業を実施。排出されるびんはほとんどが洗浄されており、品質は概ね良好。広報誌やホームページ、見学会や出前講座による市民への啓発活動が成果を上げています。

分別区分

ガラスびん一括

ガラスびん一括で排出。色分けは行っていない。排出されたびんのほとんどが洗浄されていて、キャップ等、異物の混入は少ない。

収集容器

45L以内の透明または半透明の袋に入れて排出します。処理施設で破袋機により除去された袋は資源としてリサイクルへ。

収集場所

ステーション

各自治会がステーションを管理。それぞれボックスを設置したりネットを掛けたりして、不法投棄や持ち去りなどに対応しています。

収集車両

パッカー車

2トンのパッカー車を採用。1台の車両に2名の作業員で収集しています。丁寧な積込みで、びんの割れはほとんどない。

処理設備

手選別コンベヤ

手選別コンベヤに載せられ、まずリターナブルびんが分けられた後、無色・茶色・その他の色に選別します。4〜5人体制で選別。

保管施設

ストックヤード

きれいに色分けされ、ストックヤードに保管。積込作業などによるコンクリートの剥離を防ぐため、床面には鉄板が敷かれています。

品質向上のためのポイント

●ごみと資源の分け方出し方ガイド、収集日カレンダーの他、環境情報誌「ゴミダス」 や市報、ホームページ等で、分別についてわかりやすく啓発しています。

●自治会ごとに、資源化処理施設の見学会を実施。分別の大切さを再認識することを促しています。

●自治会の要望に応じて、市の職員が分別ルールを説明する出前授業を実施しています。

▲ごみと資源の分け方出し方ガイド

▲収集日カレンダー

▲環境情報誌「ゴミダス」

取材:平成23年7月5日

◀ 戻る