ガラスびん3R促進協議会/ガラスびんの3Rを知る・学ぶ・実践する
3Rを詳しく学ぶ
ガラスびんと環境
自治体向け3R情報
3Rのデータ・資料
協議会について

ガラスびんの知識

地球の砂から生まれた
ガラスびんには、
魅力がいっぱい詰まってる。

ガラスびんは、容器としてたくさんの優れた特性がありますが、中身をしっかり守る密封性や保存性に加え、地球上にある天然素材からできているため、人体にも安全で、環境にも優しい容器です。ガラスの持つ質感から、高級感や重厚さも備えていますが、近年では、おしゃれな面でも人気があり、ずっと昔から今日まで親しまれ、世界中の人々に広く利用されています。

歴史

ガラスには
5000年の長い歴史がある

今から約5000年も前のものと思われるエジプトのお墓から、ガラスを作る絵がみつかっています。ガラスにはとても長い歴史があり、ガラスびんもその頃に誕生したと考えられています。

日本でびんが登場したのは
安土桃山時代

安土桃山時代にオランダからびんを輸入して、香水や薬などを保存していたという記録が残っています。江戸時代には国産の酒びんなども登場しますが、まだまだ高級品でした。一般の人が使えるようになったのは、明治時代以降です。

機能性

透き通っているから
中身が見えて安心

ジャム、ジュース、お酒、薬など、いろいろなものに使えるガラスびんは、透き通っているから、ひと目で中身の様子を確認できて安心です。

すぐれた密封性で
中身が長持ちする

ガラスびんは密封性が高く、空気を通さないため、中身の美味しさを長く保ちます。キャップの開閉も容易で、しっかり閉めることができるので、保存するのに最適です。

味なしにおいなしで
おいしさ・冷たさそのまま

ガラスびんには、味もにおいもまったくありません。また中身のにおいが移ることもありません。そのため、中身本来のおいしさが伝わり、そのまま味わうことができます。さらに冷たさも伝わります。

環境優位性

100%天然素材だから
人にも地球にもやさしい

ガラスびんの主な原料は、けい砂・石灰石・ソーダ灰と、空きびんを砕いたカレットです。主にソーダ石灰ガラスで作られ、その主成分は、地球の地殻の組成とほぼ同じです。100%天然素材からできています。だから、人にも地球にもやさしく、安心して使うことができます。

3Rの時代に求められる
エコの優等生容器

ガラスびんは3R(リデュース・リユース・リサイクル)を兼ね備えた容器で、ごみの削減、省資源、省エネルギー、などに役立っています。

その他

独自の存在感を
しっかりアピール!

角ばったびん、丸みのあるびん、模様が刻み込まれたびん、緑びん、茶びん、青びんなど、びんの形も色もいろいろで、個性をしっかりアピールします。

毎日の暮らしを
心地よく彩る

ガラスびんの素材やデザインは、食卓に並ぶ料理や食器などに自然になじみ、 毎日の暮らしに、心地よい彩りをそえてくれます。

ガラスびんが
おいしさを引き立てる

ガラスびんのやさしい手ざわりや口あたり、見た目の美しさ、そそぐ時のトクトクという音まで、五感に伝わるいろいろな魅力が、おいしさを引き立ててくれます。

工夫次第で
空きびんをいろいろ使える

使い終わった空きびんは、ペン立てなど工夫次第でいろいろな用途に使うことができます。かいわれ大根を育てることだってできます。

重くて、割れることも
あるけれど・・・

ガラスびんは、いろいろな魅力を兼ね備えている反面、「ていねいに扱わないと割れる」という短所もあります。しかし近年では、「軽くて丈夫な」びんも増えています。

トップページ

ガラスびんの3Rとは

協議会について

アクセス

お問い合わせ

サイトマップ

3Rをくわしく学ぶ

・ガラスびんの3R

・空きびんの他用途事例

・キッズスクール

ガラスびんと環境

・ガラスの知識

・ガラスびんの製造工程

・ガラスびんの流れ

・ガラスびんの知識

・ガラスびんのエコ・ヒストリー

自治体向け3R情報

・空きびんの品質向上策

・市区町村別の資源化実績

・自治体の取組み事例

・びんの3R通信

・リサイクルセンターの紹介

3Rのデータ・資料

・事業者や会員向けのデータ

 トータルフロー関係等

・官庁・団体からの資料

 自主行動計画のフォローアップ等

ガラスびん3R促進協議会 Glass Bottle 3R Promotion Association
©2008 Glass Bottle 3R Promotion Association